【令和2年度文化芸術による子供育成総合事業~芸術家派遣事業~】

【令和2年度文化芸術による子供育成総合事業~芸術家派遣事業~】

1月18日(月)「多摩市立東寺方小学校」6年生に狂言の講師をコーディネート♪
国語の教科書にも載っている柿山伏を観せて頂きました!

最後の質問タイムでの内容に講師もびっくり!
山伏や畑主が舞台に入って行く時と、後見が舞台に入って行く時と違いに気が付いたようです。
舞台に上がる時のルールについての質問でした。
5色の揚幕を上げてもらう時の言葉が決まっていること。3本の松の大きさが舞台に近づくにつれ大きくなっていくこと。なぜ大きさを変えているのか理由を教えていただきました!
他にも山伏と鬼が登場する時は、足をあげながら行くそうです。
役によって、左右どちらの足を先にあげるかまで決まっているそうですよ♪