『とりのうた』~歌と砂絵のコンサート~

第241回定例鑑賞会
歌と砂絵で紡がれる 描いては消える はかなくも美しく力強い命を感じる作品です。

音楽家だけにとどまらず表現者を名乗る多くの人に支持される中ムラサトコさんと、彼女の声に魅了され独学で砂絵を始めたSandartist田村祐子さんの競演です。
構成&演出 中ムラサトコ
砂絵構成 田村祐子

2020年5月24日(日)
13:00開演(開場15分前)
永山公民館ベルブホール

大人1500円/子ども1000円

[全席自由] ※ 4歳から18歳まで子ども料金
※ 当日券は500円増し
※ 多摩子ども劇場会員割引あり

(下記動画は別な作品ですが、お二人の競演です)

大地の様におおらかで母性に溢れたキャラクターと変幻自在に表現する魔法の様な声、音楽。
そしてその声にインスパイアされ描き出される一度きりの儚くも美しい砂絵。一瞬で消えてしまう砂絵ははかないが、形を変えて何度でも生まれ変わる。
はかなくも力強い命を感じる作品です。

提携:多摩市永山公民館
後援:多摩市教育委員会

チケット取扱い

多摩子ども劇場事務所(tel:042-376-7651 office@tama-kodomo.com)
カンフェティ  0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)まで
イープラス

ゲッティ・カンフェティ版
btn_buyticket

 

とりのうたチラシ小-1 とりのうたチラシ小-2

出演
中ムラサトコ(ボイスパフォーマー)
田村祐子(サンドアートパフォーマー)