「経済格差」を「体験格差」にしない!すべての人に舞台芸術を『子どもと舞台芸術大博覧会』

「子どもと舞台芸術大博覧会」
7月27日(金)~8月1日(水) 国立オリンピック記念青少年総合センター
主催は、子どもと舞台芸術大博覧会実行委員会title

このイベントがクラウドファンディングに取り組んでいるのでご紹介します。

助けになりたいという志のある方はReadyForのサイト

 
「費用が障壁となって舞台芸術に触れる機会が持てない子どもたちを無くしたい。」
以下一部抜粋します。

■舞台鑑賞チケットをすべてディスカウント!リスクを負っての再出発

昨年までと比較し、舞台鑑賞のチケットを3,000円のものは2,000円に、2,000円のものは1,000円にしました。それは、費用が障壁となって舞台芸術に触れる機会が持てない子どもたちを無くしたいからです。

とはいえ、もちろん運営内部で大きな議論になりました(笑)。これまでどおりの予算ベースを変えずに、はたして運営ができるのか。チケットの料金を下げればその分大きく収入が減るからです。

しかし、舞台や芸術に触れることは子どもの成長に絶対に必要な体験だからこそ、”経済の格差”が”体験の格差”を生み出してしまうことをなんとかして解消したいと思い踏み切りました。

お金持ちじゃないと、舞台芸術に触れる触れることができないのでは子どもの可能性が潰されてしまいます。

参加者の敷居を金銭的な面で下げる。そういう可能性を実現するために市民ファンドとしてのクラウドファンディングがあるはずですし、これからの時代に一層必要とされるものだと思っています。

(全文はこちら

 

 

生の舞台舞台や芸術に触れることは子どもの成長に絶対に必要な体験。
だからこそ”経済の格差”が”体験の格差”を生み出してしまうことをなんとかして解消したい

寄付をして助けになりたいという志のある方はReadyForのサイト
パソコンの登録に抵抗がある方は、多摩子ども劇場事務所までご連絡ください。